赤ちゃんの肌がガサガサ?鮫肌みたいになった時の対処法

赤ちゃんの肌一部ガサガサに…

そんな鮫肌のような症状にお悩みの方はいらっしゃいませんか?

赤ちゃんの肌はとても薄く繊細です。

大人ではなんともない刺激が、肌トラブルの原因となることもよくあります。

そこでここでは、赤ちゃんの肌がガサガサした時の原因と対処法を記載してみました。

お手軽な方法だけでも良いので、よければ参考にしてください。


赤ちゃんが鮫肌のようになってしまう場合の原因は?

生後間もない赤ちゃんは、胎脂という保湿膜をまとっていることや、皮脂が多くギトギトしているため、乾燥ることはありません。

しかし2~3ヶ月頃になると、打って変わって乾燥傾向となっていきます。

肌の保湿に大切な角質層という部分があるのですが、赤ちゃんはこの角質層の厚さが大人の1/2しかないといいわれ、肌の水分が蒸発しやすくなっています。

それが原因で、乾燥が加速していくという事ですね。

そして体の一部が鮫肌のようにガサガサと乾燥してしまうようになります。

※乾燥しているということは、肌のバリア機能も低下している状態です。
この場合、ホコリや雑菌、また犬や猫のケアなどにもアレルギーを起こしてしまうことがあります。

鮫肌が悪化すると…

繰り返しますが、鮫肌は肌のバリア機能が低下している状態です。

そうなると、些細な刺激にも反応してしまうようになり、接触性皮膚炎、つまりアレルギーへと発展してしまうこともあります。

例えば、今までなんともなかったのにミルクアレルギーになってしまったり、最終的にはアトピー性皮膚炎へとつながることもあると言われています。

肌の異常は弱っているサインの1つ。

『そのうち治るかな?』と放置しておくと、万一の場合は取り返しがつかなくなってしまいます。

手軽にできるケアだけでも、少しずつ始めてみてはいかがでしょうか。


ガサガサ肌の対処法

赤ちゃんのスキンケアの基本は、【清潔+保湿】です。

そしてそれは鮫肌対策にも当てはまります。

※ガサガサ肌の原因は乾燥であることが多いので、やはり保湿ケアは外せません。

※順番的には、清潔⇒保湿の順が良いので…

・汗をかいていたり、肌に汚れが気になった時に優しく吹く
・入浴時に、低刺激な石鹸などをよく泡立てて、泡で洗う

このようなケアをした後に、保湿をしてあげましょう。

また入浴後は乾燥が進みやすいので、できれば5分以内、遅くても10分以内に保湿することを心掛けると良いでしょう。

そしてもう1つ、未熟な肌に刺激を与えないことも大切なので、肌着を必ずきるようにしましょう。

というのも外に着る服は縫い目が粗く、そこが肌とこすれて湿疹へとつながる場合がります。

赤ちゃんは寝ている時間が長いため、大人が考えているよりも服の素材の影響を大きく受けます。

なるべく優しい素材の肌着を着るのがオススメです。


※補足

赤ちゃんは、大人よりも新陳代謝が活発です。

その為暑さに敏感で、汗をよくかきます。

汗はあせもなどの肌荒れにつながり、ガサガサした状態へとつながることもあるので、なるべく部屋の温度にも気を配ることも大切です。

適温は20~22度の間。

湿度も50%くらいを維持できるよう、加湿器や洗濯物を干すなどして調節するのが良いでしょう。

たまに赤ちゃんの肌に触れてみて、汗をかいていたりじめじめしてないかを確かめることも大切です。

※服が濡れていると、蒸れて肌がふやけてしまいます。より刺激に敏感になってしまうので、肌の状態も併せてチェックしてみてください。

赤ちゃんの肌の一部がガサガサしているときは、ここにまとめさせていただいたことを少し参考にしてみてください。

※関連ページ※

赤ちゃんの肌が赤い・カサカサ⇒原因と対策まとめ