赤ちゃんの肌にココナッツオイル⇒その効能と安全性について

赤ちゃん肌トラブルに悩んでいたり、ベビーマッサージを検討している方の中には、

ココナッツオイルって本当に良いの?』

そんな疑問もあるのではないでしょうか。

低刺激でマッサージ向けのテクスチャーということでよく使われる成分ですが、その効能なども気になりますよね。

そこでここでは、ココナッツオイルの有効性や安全性を中心にまとめてみました。

ココナッツオイルの特徴・効能は?

まずはじめに、ココナッツオイルの特徴などを確認していきましょう。

ココナッツオイルの特徴

ココナッツオイルの原材料はヤシ油で、ココヤシから抽出されいます。

中でもラウリン酸という成分が豊富で、これは母乳にも含まれているため、『安全なケアができる』と人気になっています。

また寒くなると固まって、温まると液化するという特性鵜を持っているため、マッサージでゆっくり溶けて浸透していくというのも特徴の1つです。

※赤ちゃんの肌は大人ほど成分を吸収してくれません。マッサージでゆっくりゆっくり浸透させていくことで、肌に負担をかけることなくスキンケアが可能です。

ココナッツオイルの効能


ココナッツオイルに含まれるラウリン酸には、保湿作用に加えて抗菌・抗炎症作用があります。

その為…

・肌の免疫力アップ
・アトピー性皮膚炎のケア(黄色ブドウ球菌の繁殖を抑える)
・おむつかぶれや乳児湿疹の炎症を抑える
・乾燥してカサカサになった肌の保湿ケア

このような効果が期待できます。

また効能とは少し違いますが、赤ちゃんとコミュニケーションをとりながらスキンケアができるというのも大きなメリットといえるでしょう。

※補足
ココナッツオイルには、いろいろな種類があります。
その中でもヴァージンココナッツオイルを選ぶようにしましょう。
精製されていない物は不純物も混じっていたりするので、肌に悪影響を与えることもあります。

安全性は大丈夫?

ココヤシは食用としても用いられているので、口に入っても問題ありません。

その為、赤ちゃんにも安心して使うことができるでしょう。

またアトピーのケアに使った場合にも、副作用の報告などは上がっていません。

実際に使われているということを思うと、安心できるかと思います。

※『ココナッツオイルは、品質が安定していて酸化しにくい』という特徴もあるので、継続的に使う事にも向いています。

市販のベビーオイルなどには『鉱物油』が配合されていることから、刺激を感じたり肌荒れが起きてしまうこともあります。

その点ココナッツオイルは天然成分になるので、刺激は少なくなっています。

※パッチテストを実施すると安心
赤ちゃんの肌はデリケートな上に、まだ何にアレルギーを持っているのかわかりません。
二の腕や太ももなどで、パッチテストを行っておくと安心です。

ベビーマッサージのメリット

ココナッツオイルの効能にも注目ですが、ベビーマッサージ自体にも大きなメリットがあります。

まず赤ちゃん側のメリットとしては…

・肌を介してのが、脳が活発にする
・スキンシップが多いことで、情緒豊かになる
・リラックス効果からよく、夜よく寝るようになる

などの効果が期待できます。

またママにも…

・忙しい育児の中、我に返ることができる時間がつくれる
・赤やんと触れ合うことで、より愛情がわく
・些細な肌の変化に気付ける(肌荒れが起きていないかなど)

このようなメリットがあります。

新生児からしっかりスキンケアをしておくことが、将来の肌づくりにもつながっていきます。

興味がある方は、ココナッツオイルでのベビーマッサージを検討してみてはいかがでしょうか。

※関連ページ※

赤ちゃんの肌が赤い!カサカサ!原因と対策の詳細

赤ちゃんの肌がガサガサに?鮫肌になった時の対処法